アルファードのディスプレイオーディオで走行中にTVを見る方法!

トヨタ車やマツダ車ではオーディオレスの設定を廃止し、ディスプレイオーディオの標準化が進んでいます。

しかしディスプレイオーディオの標準化に関しては、賛否が大きく分かれているようです。ディスプレイオーディオが標準装備になることで、車体価格が高額になってしまうことや社外ナビが欲しい方にとってはデメリットでしかありません。

一方でスマートフォンと連動させることにより、オーディオ機能やナビ機能に加え色々なアプリを楽しむことができるメリットがあります。

今後、専用アプリが開発されていくことで、ディスプレイオーディオの使い勝手や機能性も向上していくのではないでしょうか。

この記事では、新型アルファードのディスプレイオーディオで走行中にテレビを見る方法について紹介させていただきます。

新型アルファードにもディスプレイオーディオが標準装備となったことで、従来の純正ナビや社外ナビを選択することができなくなりました。

しかしディスプレイオーディオ専用のアフターパーツを取り付けることで、従来のナビと同じように走行中のナビ操作やTV、DVDの視聴が可能になります。

まずは新型アルファードに採用されているディスプレイオーディオでテレビを視聴するためには、ディーラーにて『TV + Apple CarPlay + Android Auto 』の有効化申込みを行う必要があります。

DVDの視聴に関しても、ディーラーオプションのCD・DVDデッキが装着されている車両でなければなりません。

この条件を満たしている車であれば、停止中のみTVやDVDの視聴ができると思います。更にエントリーナビキットまたはコネクテッドサービス対応の『T-Connect』ナビキットのどちらかの機能を追加することで、カーナビゲーションシステムとして機能させることができます。

ここまでは新車を購入するタイミングでディーラーにて設定することができますが、この状態では走行中にTVやDVDを見ることができません。

新型アルファードで走行中にTVやDVDを見るためには、ディスプレイオーディオ専用のTVナビキット(ハーネスキット)の取り付けが必要です。

このTVナビキットを取り付けることで、TVやDVDの視聴に加えディスプレイオーディオ上でのオーディオ操作や設定、T-ConnectやSmartDeviceLink対応アプリ、Apple CarPlay・Android Auto対応アプリの操作が可能です。

TVナビキットは、純正パーツとしての販売が無いため社外品のみとなります。また取り付けに関しては、オートバックスなどの量販店や民間の車屋で行うことができます。

走行中のナビ操作やTV視聴は大変危険なため、キャンセラーの取り付けに関しては注意が必要です。そのためディーラーでの取り付けは店舗によって対応が異なります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする