L275Vミラのローダウンとツライチオフセットはコスパ重視で

スポンサーリンク

 

カーブログをご覧いただきありがとうございます。

この記事では、L275VミラバンやL275Sミラのローダウンとツライチオフセット、定番の車高調と2ピースホイールではなく、コスパ重視のローダウンと鉄チンでツライチを出す方法について紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

L275系ミラのローダウンとツライチオフセットについて

ミラの人気モデルと言えばL275やL700ではないでしょうか。とくにL275は高年式でスペックも高いため今後も廃れることはないと思っています。またL275は中古車の流通量が多く、チョイ乗りやセカンドとして所有している方がドレスアップを楽しむイメージがあります。ミラは社外パーツも多くL275専用の車高調やダウンサスはもちろんですが、コペンなど他のダイハツ車純正パーツを流用してのローダウンも可能です。

ここで紹介するコスパの良いローダウンとしては、純正ショックを使用してのノーサスです。サスペンション(スプリング)を取り外してショックのみにする方法がノーサスで、車検時には戻す必要がありますが、自身でDIY作業ができる方はお金を掛けずに車高調全下げと同等のローダウンを実現させることができます。

ポイントはL275でノーサスのにする場合、フロントが下がり過ぎてしまうためフロントのショックからバネを外した後に、6mm前後のスペーサーを入れて組み付けることでリアのノーサスと良い感じに車高を合わせることができます。

ノーサスのデメリットは車検非対応で整備も断られてしまうケースが多々あります。車に関してある程度の知識がある方はコスパ良くローダウンを楽しむことができますが、ノーサスは自己責任となるため初心者の方はもちろん、ローダウン経験者であっても車の知識が浅い方には危険です。

またミラは車重が軽いためノーサスであっても車への負担は少ないですが、基本的に単独で乗る方、荷物を乗せない方が前提となります。そこに車載工具やスペアタイヤなども外して可能な限り車体を軽くする工夫も大切です。

ノーサスや車高調全下げでのローダウンとツライチオフセットについては、ホイールサイズが14~16インチで5J+32、5.5J+38です。タイヤサイズが155/55R14、165/45R15、165/40R16です。6J+45ではタイヤがやや引っ張り気味で良い感じのツライチサイズですが、履かせるホイールやタイヤの違い、個体差などにより干渉する可能性があるため注意が必要です。

 

L275系ミラのコスパ最高ツライチオフセットホイール

ローダウンと社外ホイールの組み合わせは定番ですが、他車種の純正流用や元々の純正ホイールをスペーサーでツライチにするスタイルもセンスが良いです。

そこで紹介するホイールが純正スチールホイールの流用です。チープでシンプルなミラにインチアップの鉄チンツライチが最高の純ベタスタイルとなります。

軽カーに流用する鉄チンで人気のモデルはデミオ純正などの14インチ6Jですが、ディスク面のデザインや深リム感が絶妙にかっこいい14インチ5J+35のトヨタ、ダイハツ系純正スチールホイールがおすすめです。タイヤの引っ張り具合では6J一択となりますが、5Jとは思えない見た目や、流通量が多く程度の良い物が入手しやすいことなどから紹介させていただきます。

この純正鉄チンを履いている車種はトヨタのルーミーとパッソ、ダイハツのトールとブーンになります。オークションやフリマサイトではルーミー、パッソ、トール、ブーンの純正鉄チンである14インチ5J+35が、新車外しの中古品でホイールのみ4本10000円ほどの相場で購入することができます。

14インチ5J+35の純正ホイールに155/55R14のタイヤを組み合わせることで小径スタイルの鉄チンツライチが楽しめます。ノーサスや車高調全下げのL275系ミラではフロントがツライチ、リアが2mmまたは3mmのホイールスペーサーを入れることでツラウチになります。個体差がありますが、ラテラルロッドを交換しない場合は左側がツラウチ、右側に4mmまたは5mmをスペーサー入れることでツラウチになります。

またこの純正スチールホイールはブラック仕上げであるため、シルバー系に塗装することでより深リム感を出すことができるので余裕のある方は試してみてください。パッと見は純正であってもツライチで適度なインチアップの鉄チンはハイセンスで迫力があります。既に社外ホイールを履いている方も、この機会にコスパ良く周りに差をつけるスタイルでドレスアップを楽しんでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました