200系ハイエースのカスタム、ローダウンと構造変更にかかる費用

200系ハイエースのローダウンは0.5インチ間隔で1~3インチ(1インチ= 2.54cm)の選択肢があります。

3インチ以上のローダウンも可能ですが、タイヤと車体が干渉してしまう可能性があるため車体側の加工が必要になってきます。

ローダウン時の見た目と乗り心地のバランスを考えると、一般的には2インチまでのローダウンがおすすめです。ちなみに、純正車高から4cm以上のローダウンを行う場合は構造変更が必要になります。

ローダウンの方法その1(フロント編)

200系ハイエースのローダウンに関して、フロント側は純正のトーションバースプリングのボルトを緩めることで車高を下げることができます。

2インチ(約5cm)までのローダウンであれば純正のトーションバーで対応できます。それ以上ローダウンする場合は、車体への負担や乗り心地の悪化等を配慮し、純正のトーションバーではなく社外のトーションバーを取り付けた方が良いです。

200系ハイエースのフロント側はスプリングの交換をする必要はなく、リア側と比べると車高調整は簡単です。また、車高を変更するとスプリングの動きが変わるため、バンプストップ、リバウンドストップを純正から社外パーツへ交換する必要があります。

バンプストップとは、サスペンションとボディが干渉しないために取りつけてあるゴムやウレタン製の緩衝材です。

純正のバンプストップは、厚みがある物が付いているのでローダウン時に干渉してしまいます。そのため社外パーツの薄型のバンプストップに交換します。

リバウンドストップとは、フロント側に付いている部品です。ローダウン時に純正のリバウンドストップとアッパーアームの隙間が空くため、車体の上下の揺れが大きくなります。

その隙間を調整するために、ローダウンした高さにあったリバウンドストップに交換する必要があります。

リバウンドストップを交換することで、車体の上下の揺れ幅が抑えられローダウン後の車体への負担を軽減することができます。

ローダウンの方法その2(リア編)

200系ハイエースのリア側のローダウンについてですが、リーフスプリングとホーシング(車軸)の間に取り付けられているブロックを交換して車高調整を行います。※ブロックの厚みが増した分だけ車高が下がります。

リア側にはフロントのようなリバウンドストップはありませんが、バンプストップはフロントと同様にあります。

ローダウンの際には、このバンプストップを交換する必要があります。またローダウンすることによりリーフスプリングの上下の動きも変わってしまいます。

乗り心地にこだわる方はシャックルとリーフスプリング自体を交換することで、乗り心地を改善させることができます。

シャックルとはリーフスプリング後部と車体の間に取り付けられている部品です。これを純正から社外パーツへ交換することで、リーフスプリングの上下の動きがスムーズになり乗り心地や快適性が変わってきます。

社外パーツのシャックルには、純正と構造は同じでリーフスプリングの取り付け角度を変更する目的で全長が長い物や、稼働部位を増やすことでリーフスプリングの上下の動きをスムーズにする物など複数の種類があります。

ここで問題となるのが、シャックルの長さが変わることで若干ですが車高が高くなってしまうことです。シャックルを交換する際は車高が上がることも計算に入れてローダウンブロックを選ぶ必要があります。

シャックル、リーフスプリングの交換に関しては4cm以上のローダウンと同様に構造変更が必要となります。

乗り心地を良くするのに最も効果的なのは、ショックアブソーバーを交換することですが、3インチ以上のローダウンではショックが激しい上下の動きを吸収しきれなくなり突き上げを感じることがあります。

200系ハイエースの乗り心地改善に関しては、以下の記事を参考にしてください。

200系ハイエースのリーフスプリング交換で乗り心地を良くする

4WDにはデメリットが!

4WDの200系ハイエースをローダウンする際は、リアブロックを1インチまたは1.5インチの物を使用し、フロントをリアに合わせてセッティングします。

1.5インチ以上のローダウンでは、フロントデフとハブ軸の位置が悪くなることでドライブシャフトの角度不良を起こしてしまいます。

これが原因でドライブシャフトブーツの損傷やドライブシャフトからの異音、振動等が起きるので注意が必要です。

※フロント、リア共にローダウンの際はアライメントが崩れてしまうため、4輪アライメント調整が必要になります。

カスタム工賃一覧

フロントトーションバースプリング車高調整工賃 4000円~

フロントバンプストップ交換工賃 1500円~

リバウンドストップ交換工賃 1500円~

リアブロック取り付け工賃 10000円~

リアバンプストップ交換工賃 1500円~

リーフスプリング交換工賃 20000円~

シャックル交換工賃 12000円~

ショックアブソーバー交換工賃 1本 2500円~

4輪アライメント調整工賃 20000円~

4cm以上のローダウン、シャックル、リーフスプリング交換による構造変更費用は地域によって変動しますが10000円~となっております。

パーツ費用一覧

フロントバンプストップ 1480円~

リバウンドストップ 1980円~

ローダウンブロックキット 20000円~

リアバンプストップ 1480円~

リーフスプリング 79800円~

シャックル 21600円~

ショックアブソーバー 4本 24800円~

社外ホイールの選び方

200系ハイエースの社外ホイール取り付けによるカスタム、ツライチサイズで人気が高いセッティングです。

純正車高の場合は

ホイールサイズ 16インチ 6.5J+38 タイヤサイズ 215/65R16

ホイールサイズ 17インチ 7J+38 タイヤサイズ 215/60R17

ホイールサイズ 18インチ 7.5J+45 タイヤサイズ 225/55R18

2インチローダウンの場合は

8J+38のホイールを取り付けることによりホイールリムとフェンダー外側がツライチとなります。このときタイヤサイズは225までとなります。タイヤ幅が225以上の物になるとホイールよりタイヤが出てしまいます。

120系プラドの純正17インチホイールも人気があります。7J+30となっているため純正車高では、若干ですがはみ出してしまいます。2インチローダウンの場合は10mmのワイドトレッドスペーサーを取り付けることでツライチとなります。

※当記事でのカスタム内容に関しては独自のデータをもとに記載しております。ホイールのマッチングやツライチ加減は車体の個体差などにより異なるため、必ず現車合わせにてご確認の方をお願い致します。

200系ハイエースのグレードによる車検対応について

ハイエースバン(S-GL、DX)の場合、18インチはTOYO H20(車検対応/LT規格)等のタイヤを装着する必要があります。

ハイエースワゴン(GL、DX、グランドキャビン)は、乗用車扱いになりますので基本的にLT規格のタイヤでなくても問題ありません。ですが、ロードインデックス(荷重指数)は現車の重さに合わせる必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする