ハイエースやキャラバンの2WDで雪道を走行する場合の注意点

ハイエースやキャラバンを購入するときに2WDと4WDの選択で迷われる方が多いと思います。

2WDと4WDでは車体価格で約30万円の差額があり、4WDの方が燃費も悪くなってしまう傾向にあります。

街乗りがメインで冬場は、雪が積もらない地域の方やウインタースポーツをしないという方など雪道の運転がない場合は、2WDで全く問題がないと思います。

しかし雪の積もる地域やウインタースポーツをされる方は、4WDを購入する方がなにかと安全です。

ハイエースやキャラバンの2WDは雪道に対応できない。という話はディーラーなどでよく耳にするかと思います。

僕自身も以前200系ハイエース3型のスーパーGL(ディーゼル)2WDで、10cmほど雪が積もっている駐車場から車を動かそうとしたときに後輪がスタックしてしまったことがあります。

タイヤは国産のスタッドレスタイヤで、車内はベットキットが取り付けてある状態で荷重はそれほどかかっていませんでしたが、ディーゼル車でガソリン車よりトルクに余裕がありスタックするとは思ってもいませんでした。

その後タイヤ周りの雪を除雪し、なんとか抜け出すことができましたが、ハイエースの2WDはセダンのFRとは比べ物にならないほどトラクションがかからないと実感しました。

2WDと4WDのメリット、デメリット

2WDのメリット

・価格が安い

・燃費が良い

・ローダウンなどのドレスアップに適している

2WDのデメリット

・山道や雪道などの悪路では走行に支障がでる

4WDのメリット

・山道や雪道などの悪路でも安定した走行ができる

4WDのデメリット

・価格が高い

・燃費が悪い

・加速やコーナリング性能が悪くなる

・ローダウンなどドレスアップの選択肢が限られてしまう

2WDで雪道を走行する場合は?

雪が積もらない地域でも突然の大雪になってしまったり、どうしても2WDで雪道を走行しなければならないという場合は、新品もしくは2シーズン目のバリ山スタッドレスタイヤを装着しアクセル操作をゆっくりと行うことが大切です。

また空荷ではなく砂袋などをがっつりと積載することでリアにトラクションをかけることができます。

山道など勾配がある場所では、スタックする可能性が高くなるためチェーンの装着がおすすめです。

ハイエースやキャラバンの2WDは、普通のFR車とは全くの別物になっているため雪道の走行には十分注意が必要です。

2WDでチェーンを取り付ける場合は?

ハイエースやキャラバンで雪道を走行するときにチェーンを取り付ける場合は、ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤにチェーンを取り付けるのが一般的です。

チェーンの種類は、金属製の物とゴム製の物があり、梯子型と亀甲型が販売されています。

中でもゴム製のクイックイージーという商品は、取り付けがとても簡単であるため雪道を走行する場合は、車に積んでおくといざという状況で重宝すると思います。

※以下はクイックイージーの商品ページになります。

QE12L クイックイージータイヤチェーン

また大雪や冬の山道を走行する機会が多い場合は、金属製の亀甲型チェーンがおすすめです。

※以下は金属製チェーンでおすすめの商品です。

商用VAN/1BOX専用タイヤチェーン 鎧-YOROI-

まとめ

4WDの場合は、山道などの舗装されていない道やぬかるみ、雪道など滑りやすい路面でも安全な走行ができるというメリットがあります。

しかし2WDでもスタッドレスタイヤにチェーンを取り付けることで雪道などの走行が可能です。

そのため雪道を走行する頻度が少ない場合は、車体価格や燃費の面で2WDの方が良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする