車の窓ガラス(内側)の汚れを落とす方法やコツを紹介

車の窓ガラス(内側)は、気付かない間に汚れが付いていることが多いです。また車のフロントガラスの汚れを放置していると、車の運転中(特に夜間走行時)に光の乱反射などの影響を受けやすく大変危険な状態になってしまいます。

この記事では、車の窓ガラスの汚れを落とす方法や掃除のコツなどについて紹介させていただきます。

車の窓ガラス(内側)が汚れる原因は?

車の窓ガラスの内側が汚れてしまう原因として、車の乗り降りや窓を開けての運転、エアコン外気の使用などが大きく影響しています。

外からの砂ボコリや衣類に付いているホコリが、気付かない間に車の窓ガラスに付いてしまうことでひとつの汚れに繋がります。

また車の窓ガラスに触れてしまった状態をそのまま放置していると、手に付いている手垢(皮脂)が固着してしまい頑固な汚れとなってしまいます。

他にも車内でタバコを吸われる方は、車の窓ガラスの内側にヤニが付いてしまい頑固な汚れに繋がってしまいます。

車の窓ガラス(内側)の汚れを落とす方法は?

窓ガラスの汚れを落とす時は、ガラスクリーナーなどのケミカル用品を使用してタオルで拭く方法が一般的です。

また車の窓ガラスと言ってもカー用品ではなく、家庭用のガラスクリーナーを使用することも可能です。家庭用ガラスクリーナーの方が、カー用品に比べて費用を抑えることができるのでおすすめです。

しかしここで紹介したい方法は、ガラスクリーナーを使用せずに窓ガラスの汚れを落とす方法です。

ガラスクリーナーを使用することで汚れをすぐに落とすことができますが、ガラスクリーナーの成分が残ってしまい、ガラス内側の曇りや光の乱反射などの影響を受けやすくなってしまうデメリットがあります。

そのためガラスクリーナーは使用せずに、通常のタオルとマイクロファイバークロスの2種類のタオルを使用して窓ガラスの汚れを落とします。

まず通常のタオルを水で濡らし、電子レンジを使用して蒸しタオルにします。またはタオルをお湯につけて絞る方法でもいいです。

暖かいタオルで窓ガラスを拭くことにより、汚れや油分を浮かす効果があるので汚れが落ちやすくなります。この方法を汚れが完全に落ちるまで繰り返し行い、仕上げに乾いたマイクロファイバークロスを使用して拭き上げれば完了です。

車の窓ガラス(内側)の汚れや曇りを防ぐ方法

残念ながら車の窓ガラスの汚れを防ぐ方法はありません。しかしこまめに乾いたマイクロファイバークロスで拭くことにより、頑固な汚れが付くことはありません。

車のボディ(外装)もこまめに洗車を行うことで、水垢などを防ぐことができます。同じように車内も定期的なメンテナンスをすることで窓ガラスの汚れや曇りが酷くなる前に落とすことができます。

また上記で紹介したように、ガラスクリーナーをわざわざ購入しなくとも2種類のタオルを活用するだけで、窓ガラスの内側の汚れを綺麗にすることができます。運転に支障をきたす前に一度試してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする