アルファードやヴォクシーなどの純正LEDフォグを交換する方法は?

スポンサーリンク

 

 

ひと昔前の車は、ヘッドライトやフォグランプがハロゲン仕様またはグレードによりHIDが採用されていました。

しかし最近のモデルでは、HIDに変わりLEDを採用しているメーカーがほとんどです。

LEDはHIDやハロゲンに比べて消費電力が少なく、耐久性も高いことが大きなメリットですが『HIDに比べると暗い』と言う意見もあります。

確かに『明るさ』と言う点ではLEDよりもHIDの方が光量が多いため明るいです。とくに純正LEDフォグランプは、LEDの負荷を最小限にして発熱を減らし、長寿命化させるという設定になっているので『明るさ』に関してはデイライトよりは明るいファッションフォグと言う感じです。

また純正HIDやハロゲン仕様の場合は、社外品のHIDまたはLEDに交換することで明るさや色味を調整することができますが、純正LEDフォグはバルブ(電球)のみの交換が不可能なため社外パーツも限られてしまいます。

スポンサーリンク

そこでこの記事では、トヨタ車の純正LEDフォグを交換するために必要な社外フォグユニットについて紹介させていただきます。

実際に取り付けているユーザーの口コミやパーツのクオリティから、社外フォグユニットの中でもみんカラや楽天にて注目を集めている『ピカキュウ』のLEDフォグがおすすめです。

取り付けに関しては、純正LEDを取り外してピカキュウのガラスレンズフォグユニットに交換します。

そこにピカキュウまたは他社のLEDバルブを取り付けることで、従来のフォグランプ同様にイエローフォグで個性を演出したり、HIDの様に明るいLEDを入れたりと明るさや色味を調整することができます。

純正LEDの耐久性や上品な明るさも捨てがたいところですが、ピカキュウのフォグユニットは純正同等形状でトヨタ純正LEDフォグとの交換がスムーズです。

またガラスレンズを採用しているため社外品のHIDにも対応することができます。

ハロゲン仕様の純正フォグにも社外品のHIDを取り付けることは可能ですが、レンズが樹脂のためHIDによる熱の影響で曇りが出たり溶けてしまうと言うケースがあります。

こうした問題を解消することができるガラスレンズのフォグランプはドレスアップを楽しむユーザーから支持されています。

人気の30アルファード、ヴェルファイアや80ヴォクシー、ノア、エスクァイアと言ったミニバンから60ハリアーや22クラウンなどのモデルにも対応しているため、純正の明るさに不満がある方や色味を変えてドレスアップしたいと言う方はご検討ください。

タイトルとURLをコピーしました