最近増えているターボ車ってどうなの?気になる燃費や加速は?

ハイブリット車が主流になりつつある中で『ターボ車』と聞くとなんだか燃費が悪そうなイメージしかありません。

ひと昔前のターボエンジンといえば、2000~3000ccクラスのスポーツカーや軽自動車のスポーツタイプに搭載されていて、燃費はそれなりで加速感はいかにもターボ車だなと感じるものでした。

しかし最近のターボエンジンは、以前のような加速感を追求した仕上がりではなく排気量を下げることで、燃費や環境性能を向上させる目的として開発が進められているようです。

実際にトヨタ自動車のハリアーやクラウンなどの高級車にも排気量を下げる目的として搭載されています。このように国内モデルの車を対象に今後も排気量を下げる目的として『ダウンサイジングターボ』の需要は増えていくことでしょう。

この記事では身近になりつつあるダウンサイジングターボについて紹介させていただきます。

ダウンサイジングターボとは

最近よく耳にすることがある『ダウンサイジングターボ』とは、車の排気量を小さくする代わりにターボエンジンを採用することでパワー不足を補い、排気量の大きなエンジンと同等のパワーを発揮させるというものです。

例えばクラウンの場合、今までは2500ccのNAエンジン(ノンターボ)が搭載されていましたが、現行モデルでは2000ccのターボエンジンに切り替わっています。

このようにダウンサイジングターボを進めていくことで、無駄な排気量を抑えることができるため自動車税も安くなり車の維持費を削減することにも繋がります。

ターボ車のメリットやデメリット

ダウンサイジングターボのエンジンが搭載されている車のメリットは、通常モデルと比べて排気量が小さくなるので自動車税が安くなります。

また今までのスポーツモデルに搭載されていたターボエンジンは、加速性能を楽しむためのものなので燃費が悪くなる傾向にありましたが、ダウンサイジングターボは排気量を下げた分のパワーを補うだけなので排気量が小さくなったことで燃費も向上します。

次にダウンサイジングターボのデメリットは、『ターボエンジン』ということでオイル交換を規定のタイミングで行っていない場合や、ラフなアクセルワークを繰り返してしまうとNAエンジン(ノンターボ)よりもエンジンが痛んでしまうということです。

この点に関しては、ゆとりのある運転を心がけ通常通りのメンテナンスを行っていれば全く問題ありませんのでそれほど気にかけるようなことではないかもしれません。

まとめ

ダウンサイジングターボは、従来のターボ車のような加速性能を求める方には物足りなさを感じてしまうため不向きですが、流行りのハイブリッド車ではなくガソリン車に乗りたいという方は今までのNAエンジン(ノンターボ)と同じような感覚で乗ることができると思います。

これまで上級モデルだった車がダウンサイジングターボを搭載することで、少しでも低コストで維持することができるのは魅力的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする