スタッドレスタイヤの寿命は使用頻度と年数にあった

スポンサーリンク

 

 

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ、スノータイヤ)といえば、雪道や凍結路を安全に走行するための冬用タイヤのことです。普段全く使用することのない地域の方でも、ウィンタースポーツをされる方などは持っていると思います。

そこで、スタッドレスタイヤの寿命はどのくらいなのかをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

寿命は新品で3年?

タイヤ専門店やカー用品店などでよく言われているのが、新品購入後3年です。

スタッドレスタイヤはサマータイヤに比べ、ゴムが柔らかくなっています。これにより、冬場の路面に密着させ滑りにくくしています。

しかし、経年劣化によりスタッドレスタイヤのゴムが硬化して硬くなってしまいます。このため溝が残っている状態でも効き目が無くなっていきます。

その目安が新品の状態から3年程度となっているようです。

スポンサーリンク

 

使用頻度による寿命は?

スタッドレスタイヤもサマータイヤと同様に、タイヤの溝の深さも寿命に大きく関わっています。

スタッドレスタイヤの場合は、スリップサインとは別に新品の溝から50%の所にプラットフォームというものがあります。

スタッドレスタイヤはこのプラットフォームを目安に使用します。つまり、新品から溝の半分までスタッドレスタイヤとして使用することができます。

また、残りの溝はサマータイヤとして使用することができます。しかし、スタッドレスタイヤは構造上、水が溜まった路面には弱いため、大雨での運転には十分な注意が必要です。

 

まとめ

スタッドレスタイヤの寿命は溝の深さとゴムの劣化があります。厳しい雪道をより安全に走行するためには、使用頻度や使用する環境に合わせてタイヤの空気圧、ゴムの硬さ、溝の深さ、ゴムにひび割れがないかなどの状態をチェックすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました