スタッドレスタイヤを履きつぶす場合の注意点とは

スポンサーリンク

 

 

スタッドレスタイヤといえば冬シーズンのみ使用するというイメージですが、「タイヤ交換が面倒くさいから」などの理由で一年中スタッドレスタイヤを履いている方もいます。

スタッドレスタイヤは積雪路や凍結路では溝がなかなか減らないため、古くなって新品に交換するときに溝が残っていることがあると思います。

そのためスタッドレスタイヤとしての性能がダメになってしまっても溝が残っているので冬以外のシーズンで使用することで、残りの溝をしっかりと使い切ることができます。

しかしスタッドレスタイヤは冬場の積雪路や凍結路を想定して作られているタイヤなのでノーマルタイヤと同じような感覚で使用すると危険な場合もあります。

 

スポンサーリンク

夏場のスタッドレスタイヤってどうなの?

常にスタッドレスタイヤを履いている場合は、冬になりノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに交換する、春になりスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換する。という作業が不要になることでタイヤ交換の手間が省けます。

またタイヤ交換をガソリンスタンドやショップに持ち込んでいる場合は、タイヤ交換の費用を浮かせることができます。

他にはノーマルタイヤを購入する費用や保管しておく場所なども考える必要がありません。

しかし一年中スタッドレスで走行していると冬以外の時期にタイヤの溝が大きく減ってしまいます。

その状態で冬場の積雪路や凍結路を走行してしまうと、スタッドレスタイヤ本来の性能を生かせず大きな事故に繋がってしまう可能性があります。

またスタッドレスタイヤを履きつぶす場合も同様で冬以外のシーズンに溝が十分に残っているスタッドレスタイヤでも、ゴムの素材や溝のパターンの違いによってノーマルタイヤよりもハイドロプレーニング現象が起こりやすくなってしまいます。

それだけではなくスタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤに比べ車の制動距離が伸びてしまうことや燃費が悪くなってしまうというデメリットもあります。

スポンサーリンク

 

スタッドレスタイヤを上手く履きつぶすには

常にスタッドレスタイヤというのはおすすめできませんが、古くなったスタッドレスタイヤを履きつぶすことは経済的にも良いことだと思います。

上記でも説明した通りスタッドレスタイヤを冬以外のシーズンで履く場合は、車の制動距離が変わってしまうため冬場の運転の様に少し早めの減速や車間距離を十分に確保することが大切です。

また車を運転する速度にも少し気を配ることにより燃費の悪化やハイドロプレーニング現象を防ぐことができます。

 

コスパの良いスタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤの購入はノーマルタイヤよりも価格が高いため、大きな出費となってしまいます。

そこでおすすめなのが、海外製タイヤ(アジアンタイヤ)です。海外製タイヤ(アジアンタイヤ)であればメーカーやブランドなどにより異なりますが、国産タイヤの半額以下で購入できる物もあります。

中でもおすすめなのは、台湾のタイヤメーカーであるNANKANG(ナンカン)のスタッドレスタイヤです。

以前、海外製タイヤ(アジアンタイヤ)について紹介した記事がありますので参考にしていただければ幸いです。

海外製タイヤ(アジアンタイヤ)の性能や評判が向上している訳とは

タイトルとURLをコピーしました