パパまるハウスの総額や人気オプションは?

新潟県を拠点に関東圏でも注目されているローコスト住宅の『パパまるハウス』ですが、実際に建てる場合の価格(総額)が気になるところではないでしょうか。

パパまるハウスの価格に関しては、全て『企画住宅』となっているため自由設計が売りの注文住宅とは異なり住宅本体の価格は決められています。

しかし新築を建てる環境によっては、本体価格とは別に外構工事や地盤改良といった費用が追加でかかってしまう場合があります。

この記事では『パパまるハウスで新築を建てる場合、本体価格とは別にどの程度の費用がかかるのか』という点や人気オプションについて紹介させていただきます。

パパまるハウスで本体価格とは別にかかる費用は?

パパまるハウスの建物本体価格は、プランにより異なりますが740万円~1455万円となっていて企画住宅でありながら幅広いスタイルを提供しています。

この建物本体価格の他にかかる費用としては、付帯工事費用とオプション工事費用の2種類です。

付帯工事費用は、建物の坪数や外構工事の内容によって大きく異なりますが180万円~300万円ほどではないでしょうか。

特に地盤改良が必要な土地では、地盤改良の工事費用が付帯工事費用に追加されるため金額が大きくなります。

次にオプション工事費用は、パパまるハウスの標準装備をグレードアップしたり装備されていない物を追加した時に発生する費用です。

また下水道が通っていない地域では、浄化槽の取り付けが必要なため浄化槽の取り付けにかかる費用もオプション工事費用に追加されます。

パパまるハウスで人気のオプションは?

パパまるハウスでは、ソーラーパネル(太陽光)やカーポートの施工価格が他のハウスメーカーに比べて安い傾向にあります。

そのためソーラーパネル(太陽光)やカーポートはもちろん、話題のZ空調や屋根裏収納が人気オプションとなっています。

特にZ空調は、家中の温度を一定に保つことで快適に過ごせると評判です。またランニングコストの点も優れているので満足度が高いものになっています。

まとめ

パパまるハウスで新築を建てる場合の総額は、プランや土地の環境によって異なりますが1000万円~2000万円ほどになります。

パパまるハウスはローコスト住宅であるため、口コミでも評価が大きく分かれてしまいます。しかしコスパが良いからこそ確実に棟数を増やしているハウスメーカーです。

正直どのハウスメーカーでも家の工事具合に関しては、下請けの技量によって差が出てしまいます。これは着工してみなければわからないことであり、自分自身で現場の工程を確認し気になる点は補足していく必要があります。

またコミコミ880万円で購入できる訳ではなく、安っぽいイメージのネーミングが気になるところですが、パパまるハウスは今後もより良い商品を提供していくのではないかと期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする