LS460のローダウン方法やローダウンにかかる費用(工賃)は?

LS460は2006年~2017年までレクサスのフラッグシップモデルであり、国産車の最高級セダンとして販売されていました。

現在は中古車市場での値下がりが大きく、当時『憧れの高級車』だったLS460に手が出せることもあり車好きの中では注目されています。

この記事では、LS460のカスタムで最も人気のあるローダウンについて紹介させていただきます。

LS460のローダウン方法は?

LS460のローダウンで人気が高いのは、エアサスコントローラーを使用して純正エアサスを調整する方法です。

他にも社外エアサスや車高調、ロワリングキットやSSキットを取り付けることでローダウンすることもできます。

まず人気のエアサスコントローラーによるローダウンの場合は、20~60mm程度の下げ幅で車高を調整することができます。

次に社外エアサスを使用する場合は、0~120mmとローダウンできる限界値まで下げることが可能です。

しかし費用が高額になってしまうため、社外エアサスを取り付けるユーザーは少ない傾向にあります。

車高調に関しては、エアサスコントローラーに引けを取らない程の人気で30~80mm程度の下げ幅で車高を調整することができます。

エアサスに比べてコスパの良い物が多く、車検対応からショーカーまで幅広いスタイルに合わせることができるのも人気のひとつです。

ロワリングキットやSSキットによるローダウンの場合は、ダウン量が30mm程度に限定されてしまいます。

ロワリングキットはエアサスや車高調とは異なり、取り付け後の車高調整ができないため低価格で程よくローダウンしたいと考えている方におすすめのパーツです。

SSキットはローダウンの目的というよりは、エアサスでローダウンした時の乗り心地を改善させるためのパーツです。

エアサスでのローダウンにこだわり、乗り心地を重視するのであればとても良いパーツですが、費用が高くなってしまうため車高を下げる目的でSSキットを選ぶユーザーは珍しいです。

またローダウンにより最低地上高が90mm以下になってしまう場合は、車検を通すことができないためローダウン時のセッティングには十分ご注意ください。

※社外エアサス、車高調、SSキットを取り付ける場合は記載変更が必要です。

LS460のローダウンにかかる費用(工賃)は?

エアサスコントローラーによるローダウンの場合は、エアサスコントローラー部品代、取付工賃、4輪アライメント調整で90000円~となります。

車高調によるローダウンの場合は、車高調部品代、取付工賃、4輪アライメント調整で100000円~となります。

ロワリングキットによるローダウンの場合は、ロワリングキット部品代、取付工賃、4輪アライメント調整で35000円~となります。

SSキットによるローダウンの場合は、SSキット部品代、取付工賃、4輪アライメント調整で200000円~となります。

社外エアサスを取り付ける場合は、エアサス部品代、取付工賃、4輪アライメント調整で600000円~と他のローダウン方法に比べ高額になります。

またLS460で社外エアサス、車高調、SSキットを取り付けた場合にかかる記載変更の金額は、20000円~と仕様や地域により変動があるため取り付けるショップにご確認ください。

LS460のローダウンでおすすめの方法は?

LS460のローダウンに関しては、他の車種に比べて選択肢が多いため車高の高さや乗り心地、予算などに合わせて検討することをおすすめします。

特にLS460をエアサスコントローラーで50mm以上ローダウンする場合は、乗り心地が悪くなってしまうため同時にSSキットを取り付けるユーザーが多いです。

またエアサスではなく車高調を取り付ける場合も、乗り心地を犠牲にしないハイスペックな車高調がおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする