LEDヘッドライトとHIDヘッドライトを比較

スポンサーリンク

 

 

LEDヘッドライトといえば、最近の現行車では標準装備となっている車種が多くなっています。少し前までは、HIDヘッドライトが主流でしたので、市販のLEDキットは光量が足りない物やスムーズに取り付けができない物が多く出回っていました。

次に、HIDヘッドライトといえば、「ディスチャージヘッドライト」や「キセノンヘッドライト」などともいわれていて、ハロゲンライトに比べて消費電力が少なくとても明るいことやバルブ切れを起こさないメリットがあります。

 

スポンサーリンク

LEDヘッドライトとHIDヘッドライトの明るさは?

LEDヘッドライトの標準装備が増えていることから、「LEDヘッドライトが一番明るいのでは?」と思う方も多いと思いますが、現時点ではHIDヘッドライトが最も明るいです。

明るさの数値をルーメンで比較すると、ハロゲンが1200ルーメン、LEDが2100ルーメン、HIDが2700ルーメンとなっています。

しかし、LEDヘッドライトの標準化が進んでいることから近いうちにHIDと同等、もしくはそれ以上の明るさをもつLEDがでてくると思います。

スポンサーリンク

 

LEDヘッドライトはHIDに比べて取り付けが簡単

社外パーツのHIDキットは、HIDバルブの他にバラストやリレーなどの配線があり取り付けに手間がかかることが多かったと思います。

一方で社外パーツのLEDヘッドライトは、配線の取り付けが無く純正ヘッドライトバルブと交換するだけになっているのでとても簡単に取り付け作業ができます。

また、ディーラーやオートバックス、イエローハットなどの量販店で取り付ける場合も作業時間が短いので、HIDキットの取り付けに比べて工賃が安く済むこともあります。

 

LEDヘッドライトは寿命が長く色ムラも無い

LEDヘッドライトは、HIDやハロゲンバルブに比べて消費電力が少ないため、発熱量も少なく半永久的に切れないと言われています。

といってもLEDチップにも耐熱温度があり、必要以上に光量を上げすぎるとチップが破損してしまい不点灯を起こすこともあります。

次に、HIDヘッドライトは、HIDバルブ内にガスを入れてそのガス量で調整しているため、ガスを入れる際に若干の不純物が入るだけで、ヘッドライトを点灯させたときの光の色味が変わってしまいます。

それに比べてLEDヘッドライトは、ハロゲンバルブ同様にヘッドライト点灯時の色味が左右でムラになることがありません。

また、HIDヘッドライトは点灯させてから安定するまで多少のタイムラグがありますが、LEDヘッドライトなら点灯させた瞬間に100%の光量を出すことができます。

 

総合的にはLED

ヘッドライトの明るさを重視する場合は、間違いなくHIDヘッドライトになります。しかし、ヘッドライト点灯時の立ち上がりスピードや消費電力の少なさ、社外パーツの取り付けやすさなどを比較するとLEDヘッドライトがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました