ハスラーのリフトアップ工賃やおすすめホイールについて

軽自動車といえばスライドドアを装備した軽ハイトワゴンが人気ですが、SUVブームを受けてジムニーやハスラーといったモデルにも火がついています。

ジムニーに関しては、ロングセラーモデルということもあり社外パーツが豊富に揃っています。しかしハスラーの様な新型モデルではカスタム事例が少ないため、ドレスアップの方向性がつかみにくいものです。

この記事では、これからハスラーをカスタムしたいという方におすすめのパーツを紹介させていただきます。

ハスラーのリフトアップキットについて

SUVといえばリフトアップです。また車はどのジャンルでも車高とホイールをカスタムすることが必須だと思います。

ハスラーにもリフトアップキットという車高を上げるためのパーツが販売されているので、純正の足回りを社外パーツに交換することでSUVらしいドレスアップスタイルに仕上げることができます。

ハスラーのリフトアップキットの中でも、ドレスアップ専門店プラスラインが販売している1インチリフトアップキットがおすすめです。

リフトアップキットの取り付けにかかる費用は、パーツ価格が30000円、取り付け工賃が20000円~25000円、アライメント調整(キャンバー調整など)が5000円~10000円ほどで取り付ける店舗によって金額は異なります。

また車検対応パーツのため、取り付け後に手間のかかる申請なども不要で手軽にリフトアップを楽しむことができるのも魅力です。

※1.5インチ以上のリフトアップを行う場合は構造変更が必要です。

ハスラーにおすすめのホイールは?

ガルシア(MIDマルカサービス) シスコ

ジムニーなどの本格SUVで人気のオフロード系ホイールを装備することで、ハスラーのリフトアップスタイルをより本格的なものに仕上げることができます。

ロクサーニ(BADX) バトルシップ4

無骨なスポークデザインにディープリムといったストリートスタイルにぴったりなホイールです。また部分的に分けられたブラックポリッシュが大きなインパクトを与えてくれます。

どちらのホイールもタイヤサイズをノーマルより大きい大径サイズにすることで、1インチリフトアップと合わせて約2インチアップ仕様にすることも可能です。

ハスラーはインテリアパーツが豊富

ハスラーはどこかカラフルなイメージが多いのではないでしょうか。そのため車体の純正カラーに合わせたインテリアパーツが豊富に揃っています。

とくにREIZ(ライツ)から販売されているコンビハン(ステアリング)やインテリアパネルはハスラーのキュートなルックスに負けないインテリアを演出してくれます。

リフトアップなど外装のカスタムはせずに、内装のカスタムを楽しみたい方にもおすすめのパーツとなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする