海外製タイヤ(アジアンタイヤ)の性能や評判が向上している訳とは

スポンサーリンク

 

 

車を維持していくために無くてはならない物のひとつである『タイヤ』ですが、最近では車のタイヤ市場が大きく変わってきています。

現在、国産タイヤメーカーに引けを取らないくらい注目を集めているのが、激安タイヤメーカーが販売する『海外製タイヤ』です。

ひと昔前に『アジアンタイヤ』などと呼ばれ、安かろう悪かろうの代表的な存在となっていました。

実際にひと昔前の海外製タイヤは、国産タイヤに比べタイヤの側面が突然膨らんでしまったり、タイヤを組み替えるときに切れてしまうなどのトラブルも多かったようです。

しかし近年タイヤも価格競争が激しくなり、ネット販売が主流になるにつれてオートバックスやイエローハットなどの量販店でもオリジナル商品として品質の高い海外製タイヤが扱われるようになりました。

これにより、タイヤに関しての知識が少ない方でも低価格な海外製タイヤを手軽に購入することができるため、口コミなどで海外製タイヤのイメージが良くなってきているのだと思います。

 

スポンサーリンク

海外製タイヤ(アジアンタイヤ)とは

海外製タイヤの中でも、アジアンタイヤと言われている海外製タイヤは、主に中国、韓国、台湾、インドネシアなどのアジア諸国で製造されたタイヤのことです。

サイズにもよりますが、販売価格が国産タイヤに比べ半値以下となっており、「このタイヤは本当に大丈夫なのか」と疑ってしまうほどです。

以前はあまり良い評判ではありませんでしたが、ここ最近ではトラブルの件数も落ち着き問題なく使用することができるようになったため、海外製タイヤ(アジアンタイヤ)は低価格で非常にコスパが良いと好評になっています。

スポンサーリンク

 

国産タイヤと海外製タイヤの違いは?

まず国産タイヤメーカーといえば、ブリヂストンやヨコハマ、ダンロップなどよく名前を聞くメーカーばかりだと思います。

また海外製タイヤの中でもミシュランやグッドイヤーといったメーカーはブリヂストンのように世界的にも有名なメーカーです。

このような有名メーカーのタイヤであれば、運動性能、グリップ力、ウェット性能、耐摩耗性、静粛性、快適性、燃費性能などの品質が異なっていても安心して使用することができると思います。

しかし海外製タイヤの中でも中国、韓国、台湾、インドネシアなどで製造されているアジアンタイヤとなるとまだまだ悪いイメージが残っているのも事実です。

そこで実際にアジアンタイヤを使用している方の話しをまとめてみると、国産タイヤに比べて道路ノイズが目立ったり乗り心地が少し硬くなったという意見が多かったです。

僕自身もアジアンタイヤを使用していますが、道路ノイズに関してはメーカーによって国産タイヤと変わらない物もあります。

乗り心地に関しては、アジアンタイヤ特融の硬さがありますが、それほど気になるような感じではありません。

現在販売されている海外製タイヤ(アジアンタイヤ)は、性能面やコスト面を考えると十分に満足のいく物だと思います。

プリウスなどのハイブリッド車の場合は、走行時の道路ノイズが気になりやすい傾向にあるため、アジアンタイヤはあまりおすすめできません。

普段タイヤの性能に関して気にせず乗られている方は、特に問題なく使用していただけると思います。

スポンサーリンク

 

海外製タイヤ(アジアンタイヤ)はおすすめ?

アジアンタイヤの場合は、販売店が少なかったり周りで使用しているひとが少ないため、商品に関しての情報が無く購入を控える傾向にあるのだと思います。

乗り心地や安全性に関しては、国産タイヤや他の海外製タイヤと比べても、品質にほとんど大差がないという感覚を持つ方がいるというのは事実です。

僕自身も海外製タイヤ(アジアンタイヤ)は、コスパが良く気に入っているため今後も使用していく予定です。

また各タイヤメーカーの競争により性能面やコスト面などトータルバランスで海外製タイヤ(アジアンタイヤ)の評判は向上しています。

ネット販売では、ユーザーのレビューなどの書き込みが増えているため海外製タイヤ(アジアンタイヤ)を購入際はとても参考になります。

自分の車に合うサイズや種類があれば、国産タイヤに限らずコスパの良い海外製タイヤを使用してみてはいかがでしょうか。

※以下は海外製タイヤ(アジアンタイヤ)のおすすめ販売店です。

AUTOWAY(オートウェイ)

タイトルとURLをコピーしました