洗車の頻度はどのくらい?ワックスやコーティングは必要?

スポンサーリンク

 

 

車が好きなひとはもちろんですが、車を所有しているひとであればせっかくなら綺麗に保ちたいですよね。

車を気持ちよく使うためには、定期的な洗車やメンテナンスが欠かせません。そこで一般的には洗車をする頻度がどのくらいなのかを調べてみました。

 

スポンサーリンク

洗車の頻度

様々な意見がありますが、1ヶ月に1回が最も多く、続いて2~3週間に1回、2ヶ月に1回程度となっているようです。

また、1年に1回や全く洗わないといった意見ももちろんありました。僕自身は車好きなこともあって1週間に1、2回の頻度で洗車をしています。

僕のように頻繁に洗車をしていると車に付いた汚れをすぐに洗い落とすことができます。逆に全く洗車をしない場合は普通に洗うだけでは簡単に汚れを落とすことができなくなってしまいます。

しかし、洗車をすることは本当に手間であり簡単なことではありません。ですが普段忙しくなかなか時間が取れないひとでも、なんとか1ヶ月に1回のペースをキープしていただきたいと思います。

また、ひどい泥汚れ、鳥の糞、虫の死骸が付着した場合や冬季間に融雪剤の上を走行した場合などはすぐに洗車することをおすすめします。

スポンサーリンク

 

洗車の方法

洗車といっても自宅や洗車場でスポンジやムートンを使い自分で洗ったり、ガソリンスタンドに持ち込んで手洗い洗車を依頼したり、洗車機に入れて洗車をしたりと洗車の仕方はひとそれぞれだと思います。

どの方法であれ洗車をして汚れを落とすことができれば問題ありません。

ただし、洗車をすることで汚れを落とし車を綺麗にすることはできますが、洗車の性質上どんなに柔らかいスポンジや上質なムートンを使用したとしても車体に細かい洗車傷(磨き傷)が付いてしまいます。

白やシルバー系の色であれば気になるような傷ではありませんが、黒や紺などのダークカラーの車体では光の反射によって小さな傷でも目立ってしまうことがあるため、できる限り傷が付きにくい道具を使用したり、洗車の頻度を減らすなどの注意が必要です。

 

ワックスやコーティングの必要性

ワックスやコーティングの最大のメリットは、強い被膜により車体の塗装面を守るということです。

洗車傷(磨き傷)などの小キズに強いだけではなく、コーティング剤は汚れ防止の効果が高いものが多いため、汚れを簡単に洗い落とすことができます。

普段なかなか洗車をする時間が取れないというひとや手入れ回数を減らしたいというひとにおすすめです。

ワックスはコーティング以上に艶がでるため、黒や紺などのダークカラーの車体に適しています。

また、ワックスやコーティングを施工するうえで仕上がりはとても重要です。見た目はもちろんですが、しっかりと油膜が取り切れていない場合は、その油膜が原因で落ちにくい汚れとなってしまうため注意が必要です。

専門のショップにて施工してもらうと高額になってしまいますが、普段のメンテナンスに手がかからないことや仕上がりを考えれば妥当だと思います。

 

まとめ

頻繁に洗車ができるひとであればワックスやコーティングは必要ないかと思います。それぞれのライフスタイルに合わせて洗車やメンテナンスの方法を選択してみてください。

タイトルとURLをコピーしました