トヨタの純正ナビで走行中にTV(テレビ)やDVDを見る方法

純正ナビ(カーナビ)は、ナビ機能だけでなくTV(テレビ)やDVDも観ることができるためとても重宝するカー用品のひとつです。

しかし純正ナビのナビ操作やテレビ機能は、車が停止している状態でなければ使用することができません。

社外ナビの場合も基本的には同じ仕様となっていますが、パーキングの配線をボディアースに繋ぐことで走行中にTVを視聴したりナビ操作を行うことができるようになります。

この方法で純正ナビの配線を加工することも可能ですが、純正ナビの場合は専用のTVナビキットを取り付ける方法が主流です。

この記事では、トヨタ、ダイハツ車の純正ナビを制限解除(キャンセラー)する方法について紹介させていただきます。

純正ナビの制限解除(キャンセラー)について

トヨタ、ダイハツ車の純正ナビの配線を加工して制限解除する場合は、パーキングの配線とテスト端子をボディアースに繋ぐことで走行中のTVとDVD視聴が可能になります。

注意点としてトヨタ、ダイハツ車の純正ナビの配線加工では、走行中の目的地変更などナビ操作ができないことです。

そのため走行中のTVやDVD視聴に加えナビ操作を行うには、専用のTVナビキットを取り付ける必要があります。

TVナビキットの価格は、1500~5000円ほどで取り付け工賃が20000円前後と比較的高い傾向にあります。

もちろんDIYでの取り付けも可能なため、ナビやETCの取り付けを行ったことがある方は簡単に取り付けることができると思います。

TVナビキットの取り付けは断られる場合もある

純正ナビのTVナビキットの取り付けに関しては、実際に車を購入したディーラーに依頼しても取り付けを断ることが多いです。

これは走行中のTVやDVD視聴に加えナビ操作の制限を解除することによって事故や違反行為が起きてしまうことを防ぐためです。

中にはTVナビキットの取り付けを行っているディーラーもありますが、一般的にはオートバックスなどの量販店や街の車屋に相談する方がスムーズだと思います。

走行中にTVやDVDを見ることは違法なの?

運転者が走行中に映像を注視することやナビ操作を行うことは法律上禁止されています。しかし、同乗者がTVを見たり目的地を変更するなどのナビ操作を行うことに関しては、違反行為になりません。

そのため走行中にナビ操作やTV視聴を行うための加工やTVナビキットの取り付けは、同乗者(助手席)の方を対象としたものになります。

運転者が走行中にナビ操作やTV視聴を行うことは、大変危険な行為にあたるため制限解除(キャンセラー)後の運転には十分な注意が必要です。

まとめ

純正ナビは車のインテリアとして一体感のあるデザインになっていることや操作性に優れていることからとても人気が高いです。

専用のTVナビキットを取り付けることで、走行中のナビ操作やTV視聴を行うことが可能となりドライブがより楽しいものになると思います。

またナビの制限解除を行った後は、ルールを守り安全運転を徹底することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする