アルファードやプラドなどの人気車種でも残クレでの購入は大損に!

各自動車メーカーがすすめている『残価設定型ローン(残クレ)』を利用すれば月々1万円~と手軽に新車を購入することができます。

しかし残クレのデメリットを理解しないまま契約することで、『お得に購入したつもりが大きく損をしていることに気が付かなかった。』と言う状況になってしまいます。

この記事では、残クレのデメリットや残クレをおすすめしない理由について紹介させていただきます。

残価設定型ローン(残クレ)のカラクリについて

まずは残クレを利用するメリットとして、銀行などのマイカーローンに比べ審査の手続きが簡単なこと、審査に通りやすいと言う点があります。

残クレの手続きはディーラーにて行うことができるので、審査自体がとても楽で余程のことがない限りスムーズに通すことができます。

そのため銀行などのマイカーローンでNGだった方でも、残クレであればOKが出たと言うケースも多いです。

また残クレは各メーカーにより多少の違いはありますが、3年間または5年間のどちらかを選択し、その3年後または5年後に車を返却(売却)することを前提にローン(残クレ)を組みます。

そして残クレを組む時の購入金額から、3年後または5年後の買取金額を差し引いた金額のみを3年間または5年間で分割して支払うシステムです。

ディーラー側は、契約した車を3年後または5年後に返却するタイミングで、また新たに違う車(新車)で残クレを契約してくれるユーザーを増やそうとしています。

仮に残クレで購入した車を今後も乗り続けたいと言う場合は、残りの金額を一括または銀行などのマイカーローンで組み直すこともできます。

残クレはデメリットが多い!得するはずが損をしていた

トヨタの人気車種である、アルファードやランドクルーザープラド、ハイエースなどを5年間の残クレにて購入する場合の残価率は約50%ほどです。

仮に購入金額が400万円であれば5年後に200万円での買取が保証されます。そのため残りの200万円のみをローンで支払うことになります。

残クレではなく銀行などのマイカーローンで400万円を5年間で支払う場合は、月々66666円ですが残クレの場合200万円を5年間で支払うことになるため月々33333円で済みます。

そのため月々の支払い額は安くなりますが、金利やトータルの支払い額を見ると残クレの方が大きく損をしてしまうことに気が付くはずです。

銀行などのマイカーローンの金利は1.7~1.9%程度ですが、残クレの金利は3~5%と高金利です。またメーカーや車種により異なりますが、特別金利で1.9%~と宣伝している場合もあります。

そして残クレといっても金利の対象となる金額は、元々の満額が適用されてしまうため結果的に多くの支払いをしなければなりません。

先ほどの例で言うと、400万円の車を残クレで200万円で購入しようとしても、金利は400万円に対してかかってしまうことになります。

他にも残クレには返却時の車の状態に対して厳しい縛りがあり、走行距離は1年12000kmの計算で、5年60000kmまででなければ契約時の残価率保証はされません。

また修復してあっても事故車になっていたり、キズやへこみがある場合は程度によって減額の対象になってしまいます。

そのため残クレで購入した車の場合、走行距離やキズの有無など常に車の状態を気にしながら乗らなければいけません。

残クレのメリットはユーザーでなくディーラーにある!

上記では残クレのデメリットについて紹介させていただきましたが、ここからはメリットについて紹介させていただきます。

残クレを利用するユーザーにとってのメリットは、銀行などのマイカーローンに比べ審査の手続きが簡単なこと、審査に通りやすいと言うことです。

月々の支払いが安くなると言う点もメリットではありますが、トータルの支払い額や金利でのメリットはありません。

この様に残クレはユーザーにとってのメリットはほぼありません。ではなぜディーラーは残クレをすすめてくるのでしょうか、それはディーラー側に大きなメリットがあるからです。

車を購入する時に必ずすすめられる『残クレ』ですが、あまり考えない方や審査が楽と言うことで選んでしまう方は本当に損をしてしまいます。

新車を約半分の価格で購入できるシステム上、購入するユーザーにメリットがありそうな『残クレ』ですが、ディーラーにしかメリットがないことを理解していただきたいです。

審査の手続きが楽で審査の通りやすい残クレをすすめることで、車が売れやすく3年後または5年後に必ず車が戻ってくるため、その車を中古車として販売することができます。

そして車が戻ってくるタイミングでまた新たに他の車を購入してもらうことで、高利益な流れを作ることができます。

そのためディーラーは、残クレで購入する場合に限り大きく値引きをしてきます。キャッシュや銀行のマイカーローンでの購入よりも金利が高い(利益が多い)分、値引きをすると言うカラクリがあります。

車の購入で残クレを検討している方は、手続きが少し面倒ではありますが低金利の銀行のマイカーローンで組むことをおすすめします。

そして3年や5年ではなく7年や10年と言う長い期間に設定することで残クレのように月々の支払いを抑えることができます。

また7年や10年など長期の設定にしておいて、車を3年や5年と言うタイミングで売却することも可能です。

少し複雑かもしれませんが、この方法で車を売買することは残クレで購入するのと変わりません。

購入する車の金額が高いほど金利での差額も大きくなるので、車の購入は絶対に低金利の銀行のマイカーローンがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする