車のコーティングは親水性がおすすめ!撥水性の注意点とは

スポンサーリンク

 

 

車を購入する際のオプションメニューや行きつけのガソリンスタンドなどで『カーコーティング』をすすめられたことはありませんか?

カーコーティングを施工することで車のボディを小傷や汚れから保護することができます。特にガラス系のコーティングは、1年に1~2回程度のメンテナンスを行うことで強固なガラス皮膜を半永久的に持続させることができます。

日頃の洗車でも汚れを簡単に落とすことができるメリットや車のボディの艶が増すことで見た目も良くなります。

しかし『カーコーティング』といっても車体の色(ボディカラー)や車を使用する環境によっては効果を生かせない場合があります。

この記事ではガラス系のカーコーティングを施工する場合の注意点などについて紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

撥水性と親水性の違いや特徴

車のガラス系コーティングは、大きく分けて撥水性と親水性の2種類があります。撥水性のものは、雨が降ると車のボディについた水が玉になりコーティングを施工していることがすぐにわかります。

一方で親水性のものは、雨が降っても水が玉にはならずコーティングを施工していない車の様な感じです。

見た目では撥水性の方がコーティングを施工していることがわかるため満足感も高く人気となっていますが、ウォータースポット(イオンデポジット)ができやすいというデメリットがあります。

僕も撥水性の見た目が好きでガラス系コーティングは、撥水性のものが良いと思っていましたが車についた汚れが残ってしまうことが多く、日頃のメンテナンスのしやすさから親水性のものが好きになりました。

スポンサーリンク

 

ウォータースポット(イオンデポジット)とは

黒系(ダークカラー)の車で洗車後に白い跡がついていることがあると思います。この白い跡がウォータースポット(イオンデポジット)です。

黒系(ダークカラー)以外の車でも目立たないだけでウォータースポット(イオンデポジット)が発生していることが多いので意識して見ていないと気づかない場合があります。

ウォータースポット(イオンデポジット)ができてしまう原因は、水道水に含まれるミネラルや洗車に使用するシャンプーなどの成分です。洗車後に水が車のボディに残った状態で乾いてしまうことで白い跡になります。

ウォータースポット(イオンデポジット)を放置してしまうと陥没していき、症状が進行すると塗装にもダメージを与えてしまうため洗車後は素早く水を拭き取ることが大切です。

また夏の晴れた日などに洗車をすると水分がすぐに蒸発するためできやすくなってしまいます。洗車は曇りの日や日差しが弱い時間帯に行うのがおすすめです。

 

親水性のコーティングに洗車は不要?

上記で説明した通り撥水性のコーティングでは、車のボディに汚れが残ってしまったりウォータースポット(イオンデポジット)が発生しやすいという点からまめな洗車が必要です。

一方で親水性のコーティングは水滴が残りにくいのでウォータースポット(イオンデポジット)ができにくく、水の流れと一緒に汚れも落ちやすいです。

そのためコーティングを施工していない車や撥水性のコーティングを施工している車に比べ、洗車をする頻度が減る場合が多いです。

屋外駐車をされる方や洗車の頻度を減らしたい方には、親水性のコーティングの方がメリットは大きいと思います。

コーティングのメンテナンスに関しては、撥水性も親水性も効果を持続させるために1年に1~2回程度の定期的なメンテナンスが必要です。

タイトルとURLをコピーしました