冬はもちろん夏もスタッドレスタイヤで過ごすシンプル仕様はあり?

スタッドレスタイヤは冬だけ使用するというイメージですが、タイヤを保管する場所が無かったりタイヤ交換が面倒くさいなどの理由で一年中スタッドレスタイヤを履いている方もいます。

実際に僕自身も無駄な物を持ちたくないと言う観点から、ノーマルタイヤのセットはやめて常にスタッドレスタイヤを履かせています。

冬シーズンのみスタッドレスタイヤを使用している場合は、積雪路や凍結路で溝がなかなか減らないため、古くなって新品に交換するときに溝が残っていることがあります。

そのためスタッドレスタイヤとしての性能がダメになってしまっても、溝が残っているので冬以外のシーズンで履かせて残りをしっかりと使い切ると言う方と、溝が残っていても廃棄して新しい物と入れ替える方に別れると思います。

ここで残りの溝を使い切る時に注意して欲しいのが、スタッドレスタイヤは冬場の積雪路や凍結路を想定して作られているタイヤなのでノーマルタイヤと同じような感覚で使用すると危険なケースがあるということです。

とくに雨天時のスタッドレスタイヤは、溝が十分に残っていてもゴムの素材や溝のパターンの違いによってノーマルタイヤよりもハイドロプレーニング現象が起こりやすいことや車の制動距離が伸びてしまうデメリットがあります。

また常にスタッドレスタイヤを履いている場合は、冬以外の時期にタイヤの溝が大きく減っていることに気付かないまま冬場の積雪路や凍結路を走行してしまい、スタッドレスタイヤ本来の性能を生かせず大きな事故に繋がってしまう可能性があります。

そのため一年中スタッドレスタイヤを履かせる時は、冬シーズン前に残り溝をチェックし必要に応じて前後のローテーションを行うなど対策を取るようにしてください。

デメリットはありますが常にスタッドレスタイヤを履かせることで、冬になりノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに交換する、春になりスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換する。という作業が不要になりタイヤ交換の手間が省けます。

またタイヤ交換をガソリンスタンドやショップに持ち込んでいる場合は、タイヤ交換の費用を浮かせることができたりノーマルタイヤを購入する費用や保管しておく場所なども考える必要がありません。

しかしスタッドレスタイヤの購入は、ノーマルタイヤよりも価格が高いため大きな出費となってしまいます。

そこでおすすめなのが、海外製タイヤ(アジアンタイヤ)です。海外製タイヤであればメーカーやブランドなどにより異なりますが、国産タイヤの半額以下で購入できる物もあります。

海外製のスタッドレスタイヤは、国産に比べて性能が劣ると思われがちですがメーカーや口コミを見極めて2年周期で新品に交換していれば全く問題ありません。

中でもおすすめなのは、台湾のタイヤメーカーであるNANKANG(ナンカン)のスタッドレスタイヤです。

僕も長年海外製スタッドレスタイヤを履かせていますが、NANKANGよりも更に価格の安いタイヤはさすがに冬場の性能面で劣る感じがありました。

NANKANGのスタッドレスタイヤはコスパが良くおすすめですので、国産タイヤを検討している方も一度使用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする